iPadのデータを自社システムに取り込み

春を感じるような
感じないような、2月の終盤。

でも春はそこまで来ていますねぇ~!

さてさて
NTsystemではもちろん自社の売上、見積、発注、仕入、メンテナンスなどの
自社の業務を管理は、やはり「日本語データベース桐」で自社システムを構築して
運用しています。

自社内で業務を行うには、事務所のパソコンにデータを入力すれば、納品書、見積書、請求書などの管理ができます。

お客様のシステムの訪問メンテナンスという業務があります。
NTsystemで構築したお客様の業務システムにデータが正常に蓄積されているか、システムが正常に動作しているか!
メンテナンスをお客様の事務所へ訪問して行っています。

そこで活躍するのがタブレット iPad

でも
自社システムは Windows

iPad は iOS

日本語データベース桐はWindows のアプリです。
iPad には使用できません。
色々調べた結果 「FileMaker」というアプリがありました。

このアプリ、Windows とアップル双方使用できるんです。
またiPad&iPhoneには「FileMakerGO」という専用の無料アプリがあるんです。
それを組み合わせたら、メンテナンス用システムが作れる!

作りました。

 

 

iPadにメンテナンスシステムをセット。

 

 

 

 

客先で、iPadの「メンテナンスシステム」で
メンテナンス情報を入力。

 

メンテナンスが終了すれば【送信】ボタンを押すと
指定されたメールアドレスにメンテナンスデータを添付して送信します。

 

 

事務所では、メール受信システムで受信します。

 

メール受信システム
登録された[件名]のみを受信するように設定されています。
仮に悪意のあるメールを受信しても自動的に
削除するようになっています。

メンテナンスデータを受信すると
自動的にメンテナンス台帳に登録される。

こんなシステムになっています。

iPad 便利ですねぇ~!

iPad&メール受信システムを使用すると、色んな事が可能になります。

今日は最新機器を使用した事例でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です